2007年05月20日

夜空に鉄塔

夜空に鉄塔

夜といっても7時を過ぎたばかり。西の空に月と星が出ている。
見渡しても、星はこの一つだけだ。いまの時季なら金星なのだろう。
地球から一番近い惑星だが、それでも今見ているこの輝きは10分前のものらしい。
宮沢賢治の「よだかの星」の話が浮かぶ。賢治もこうして夜空を見上げて創作に思いをめぐらしていたのだろうか。
〜東京・板橋区〜


posted by ポエット | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜空

2007年05月03日

青空に鯉のぼり

青空に鯉のぼり

甍(いらか)の波と 雲の波
重なる波の 中空(なかぞら)を
橘(たちばな)かおる 朝風に
高く泳ぐや、鯉のぼり。

大正2年に尋常小学校で歌われ始めたそうだから、もう96年になる。96年前の端午の節句を、いまはもう想像すらできない光景になっている。
〜東京・板橋区〜
posted by ポエット | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 青空
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。