2007年12月07日

青空にサザンカ

青空にさざんか

11月25日の訂正である。椿ではなくサザンカ(山茶花)だった。すみません。
あのとき蕾だったのが、いまは、いっぱい花を広げている。それで遅ればせながら、おしべを確認することができた。その結果、おしべは筒状ではなかった(≠椿)のである。
花をよく知る人なら、おしべを確かめなくても一目でサザンカだとわかったことだろう。
〜東京・板橋区〜


posted by ポエット | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 青空

青空にカモメ

青空にカモメ

五木寛之訳『カモメのジョナサン』は私が学生時代に読んだ本だ。
カモメがしゃべるのは衝撃的だった。『長靴をはいた猫』の猫とか『不思議の国のアリス』のウサギたちがしゃべるのは私の許容範囲だったが、それがまさか鳥がしゃべるとはと度肝を抜かれた。あえて書くが、九官鳥が「オハヨウ」とか「コンニチワ」と言葉をまねるのとは次元が違う話なのである。
それまで、鳥がしゃべるといったら漫画の世界のウッドペッカーぐらいだった。寓話を紐解けばアリやキリギリスなどの昆虫だってしゃべっているが、それは子どもの頃に読んだから違和感はない。

さて『カモメのジョナサン』の物語だが、カモメのジョナサンが至高の生きかたを仲間に教える話だ。説教ぽい話が苦手でない人は、どうぞ手にとってみてください。
〜東京・板橋区〜
posted by ポエット | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 青空
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。